8/4(日)U12TM in 猪倉小学校

8/4(日)U12TM in 猪倉小学校
【日光市猪倉小学校】
ホスト= FC FLESHさん

夏休みの暑い中、久しぶりに遠くまで試合に来ました。
今回はSC FLESHの高橋さんからお誘いがありました。
周りが自然に恵まれたところで、暑さも気にならないほどでした。

第一試合
vs SC FLESH
0−0(0-0)(0-0)△
惜しい場面もあったが、シュートがなくては点は取れない。

第二試合
vs 北押原FC
3−3(2-0)(1-3)△
かしん2 あゆむ1
前半早々に2点を追う展開になり、キツかったと思う。最初から後半くらいの気持ちでやれば、勝てたと思うが、今のこのチームには、それがない。

第三試合
vs 鹿沼東光FC
1−0(1-0)(0-0)★
またもや追う展開。
あと1点がどうしても取れずに終わる。
相変わらず、声もなく、インターセプトする選手がいない。

第四試合
vs 北押原FC
3−0(2-0)(1-0)★
今日の二試合目に引き分けた相手に、今度は一点も取れずに完敗。
朝の一試合目から言い続けてる、
1.声を出そう
2.パスをもらう時もカットする時も止まっていては相手に先に取られるので、予想し走って動いて受ける、取りに行く、これを今日は課題にするように。

結局、四試合目まで、誰も出来ずに終わった。
ずっと二つの事を言い続けてきたが、この二つが最低でも出来ないと、まず、相手から点を取るのは難しい。
現在のチームの低迷は、高度な技術が足りないとかの問題ではなく、指導する側と受ける側の間の甘さがひとつの原因だと思います。
これを出来るまでやらせる、出来なかったら全員走らせる、とか、ケジメを付けさせないから、いつになっても最低の事が出来ないのではないでしょうか?
難しい練習より、先ずは、スポーツの厳しさを教えて欲しいと思います。
厳しさを乗り越えてこそ、楽しさが来るのだと思います。

FC FLESHの皆さん、お世話になりました。また宜しくお願いします。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。